あらゆる環境で、速やかな緑化と永遠の自然を両立する。
人間は、自然を開発しなければ生きてゆけない生き物です。
同時に、自然なくしては生きられません。
いま求められているのは、開発の一方的な抑制ではなく、
開発した自然をすみやかに元に戻し、
再び永遠の命を吹き込むこと。


S F 緑 化 工 法

高吸水性の植物繊維をノズル部分
から混入し、泥状基材内に溶かし
た接着剤を染み込ませます。  
公害のないアニオン性の接着剤は、
高速混入時に帯電した植物繊維と
強力にイオン結合します。

基盤補強に使用される繊維は、高αセル
ロースなどを原料とする植物性。施工初
期の土壌浸食を防いだ後、土に埋もれた
部分だけでなく露出部も適切なタイミン
グで分解されます。セメント、樹脂、化
学繊維などの土壌残留による公害はもち
ろん、毛羽立ちによる鳥などへの害も防
止する最先端のジオテキスタイル工です。

結合力が強く流れにくいだけでなく、
大小の間隙をあわせ持つため、小さい
間隙で水分/養分を保持しながら大き
い間隙で水ハケと通気性を確保。植物
の生育に適しています。


施工例
施工前
施工後 6ケ月


「SF緑化工法」施工実績はこちら

那須土木株式会社
〒324-0056 栃木県大田原市中央1丁目13番10号
TEL 0287-23-5678 FAX 0287-23-0355

「全国SF緑化工法協会」ホームページへ

「関東SF緑化協会」ホームページへ